FC2ブログ




大学3年目


1.2年の夏休みは「遊ぶ!」「バイト!」で1ヶ月ずつ区切ってたからバイトの1ヶ月が大変なことになった。

家事も追いつかなくて家が汚くなって、後期のスタートが悪かった。






3年目は休む曜日を決めた。

休む日は午前を家事、午後を好きなことに使ってる。

ネイルをしてみたり、本を読んだり、少し勉強をしたり。




気持ちが楽。




スポンサーサイト


自分に夢がないことが恥ずかしかったり、

夢までの道が明確じゃないことを恥ずかしいって考えてた。




だから、「私はもう決めてますけど」ってスンとしてた。



いっぱい聞いてこ。






何かあるとすぐにこういう気持ちを忘れちゃうから残しておく。





何を大切にしたいか、将来どうしたいかを考える前に、今やるべきことを少し整理した。



部屋の片付け。

溜まったレジュメのファイリング。

夏の課題。



勉強のものと趣味のものを分けて置くようにした。




後期から何か変わっていくかな。








後期はたくさんの人に相談しようと思う。


夏休み、色々な人と出会った。

年上の人と話す機会が多くて、色んな人生を聞けた。



色んな人の話を聞きながら、卒業後のことを決めていこうと思う。




思った





夢は追わなくてもいいんじゃないか


暮らしていければいいんじゃないか






少しの休みで好きなことをして

自分で生活していけたらいいんじゃないか










でも、だからって全部「なんでもいい」って思考停止するのは違う


まだ就職がある



自分が大切にしたいこと、何を優先したいかよく考える。

それに合った職を選ぶ。

その職に就けるように努力する。




みんながやってる当たり前のことだけど、「最悪生活ができればいい」ってハードルを下げることで楽に考えられそう。



わたしの中で重いことだったから考えるのを先延ばしにしてた。

でもいけそう。



私が1番腹黒い。





大学の友達には地元の友達の嫌なところを。

地元の友達には大学の友達の嫌なところを話す。




帰省の度に聞かれる「大学どう?」「帰省どうだった?」の質問

「楽しいよ」の一言で済ませればいいのに。

余計なことまで話してる。