バイト中、スタッフ同士で「あそこの客、めっちゃうざくない?死ねばいいのに」って話しているのを聞いた


それだけで死ねっていうの?

私は誰かに死んで欲しいと思ったことがない

自分の中の「死ね」という気持ちを死なせたらいいんじゃないのかな
うまく説明できないけど

自分が変わらずに相手に変化を求めるのは違うと思う





私はその話を聞いてから、「私が殺意を持つなら誰だろう」ってずっと考えてた

考えるうちに、視界から色味がなくなっていった

初めての経験だった

気持ちの問題なんだろうけど、見える世界が変わった





怖かった

スポンサーサイト




言いたいんだけどね




全部言いたいんだけど






普段はそう言うことを小さい声で呟いて済ますお母さんが、私に直接言ってきた


相当溜まってるんだと思う



今言ったら危険かな、と思って言えなかった

私は家にいないから、顔の変化とか見れないし













一回、家を離れさせたい

それが1番だと思う



どっちかを一回家から出したい


そうしたら客観的に見れるし

溜めてたことを直接話し合えると思う




どっちか、じゃダメなのかな

みんな、一回客観的に見るべきだ



問題を無視しすぎてる

慣れて、どうして良いか分からなくなってる



どうしたら良いのかな








放置することにした




とりあえず









お母さんはお兄ちゃんに「死んでくれればいいのに」って言ったり

家族にいないものとして過ごしてる





母の日にメールしたら、お兄ちゃん以外の名前を挙げて、「すみれと○○だけいてくれればいい。2人の母親になれてよかった」って言った


それがすごく悲しかった






じゃあ産まなければよかったんじゃないの?

私が今から落ちこぼれてニートになったら、同じように家族から外すんでしょう




子供を産んだあなたは
死ぬまでお母さんなんだから、

辛いことがあっても
言うことを聞いてくれなくても、

めげずに自分が思う正しい道に行かせるのが
筋ってもんじゃないの



って私は思う





親が見捨てたらいけない






お兄ちゃんにも悪い部分はある。たくさん。

そこは直さなきゃいけない


これから何十年と生きて行く上で、
そのままじゃ損をすると思う

仕事をしていないのも、年を取ってから苦労するだろうし

人を裏切ったりたくさん利用するのも、今は楽ができていいだろうけど、後で本当に困った時に辛くなると思う




今を大事に生きることは大切だけど


ずっと親のお金で暮らせるわけじゃないし


いきなり何かが起こるかもしれない

そう言う時に自分で対処できる力、お金があったほうがいい

無ければ頼れる人でもいい




将来のことも少しは気にした方がいい







だからってカウンセラーには頼りたくない



「相談室」には行きたくない



これまでもそう





悩んだら溜めて溜めて



結局変なタイミングで

言わなくてもいいことまで言ってしまう





家族がこわれそう



30歳のすみれは



素敵な家庭を持っていますか






素敵なお兄ちゃんですか


素敵な妹ですか


素敵な両親ですか


何を素敵だと思うかは人それぞれだけれど。





おじいちゃんおばあちゃんは元気ですか


ひい婆ちゃん達は元気ですか


生きていたらたくさん甘えてたくさん話したいな


たくさんの話を聞きたい










これまで「お前は口を出すな」と言われてきたことだけど



私も成人して

私なりに物事を判断出来るようになった



家族のことに口を出さないなんて

それじゃあ私は誰と生きてるの









悲しいことがあった



ここに書いてしまうと

「こんな家庭もあるんだな」の一言で終わってしまいそうで

それが嫌で、迷ってる



「円満な家庭に見えても裏には問題を抱えている」

「今じゃ当たり前」



私の家庭を客観的に見るとそんな言葉が浮かぶ












私は何年見ないふりをしてきた


どこで変わってしまった







今、一人暮らしをしてわかる




この状況を変えたい






でも変え方がわからない



勇気もない





間違えたらバラバラになる





仲間が欲しい



相談をしたい